トモヒコTV(YouTube)のブログ

(三浦春馬氏の事件)政治・経済・法律・芸能・事件・事故

小室圭さん NY就職活動で用いた「経歴書」に虚偽の疑い【Yahoo掲示板・ヤフコメ・みんなの意見】

news.yahoo.co.jp

 

電通アメリカの下請けなどで働いていたのを、“盛って”書いているのかも。

 

電通アメリカには、カリフォルニアに事務所は存在しておりません。

 

【Yahoo掲示板・ヤフコメ・みんなの意見】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

経歴詐称が事実なら真っ当な社会人とは到底言えないと思うが?

 

母親の数々の年金や手当の詐取疑惑も含めこれでどうして警察が動かないのか不思議でしょうがない。

 

ましてこれから皇室と繋がろうという人間に許される行為ではないと思うが?

 

宮家や宮内庁は怠慢としか言いようがないし、まして意図的にそうしているのなら言語道断という気がする。

 

彼らは糾弾されるべきだと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここまでの相手、家族が居てそれでも結婚したいのは、


ある種マインドコントロール下にあるのか、盲目なのか、


しかしなぜ色々とブラックなのにメスが入らない?


不思議で仕方がない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

小室さんって調べれば調べる程「嘘」が出てくるよね。


本当にこういう人と眞子さまと結婚する、

すなわち彼と皇室が円つながりになることは絶対に反対だ。

 

今からでも遅くないので本当に本当に破断にして欲しい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

叩けば叩くほど埃が出てくる、これほどヤバい人間を見つけるのは苦労するほどでは?

 

よりによってこんな人間を伴侶に選ぶ内親王がいるのが信じられないきがする。

 

この疑いが事実ならとても皇室にふさわしい清廉潔白な人柄ではないから直ちに破談にして欲しいと思う。

 

絶対近づけてはいけないと感じる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

疑惑のデパート小室家に嫁ぐ眞子さま。

 


苦労するぞ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ボロボロだけど
眞子さまこんな人と結婚して大丈夫?



今ならまだ間に合うし引き返せる。
国民の声を心に留めて考えて欲しいと思うし

小室氏では眞子さまの人生が駄目になると思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

叩けば叩くほど埃が出まくり。笑


宮内庁が見て見ぬふりなら、代わりに文春さん、引き続き調査、宜しくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

文春は凄いなあ。

 

独自で取材して現在進行形の小室氏の虚偽を掘り起こし。

 

また小室氏は説明をせず、国民から逃げ隠れする確率が高くなりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

やっちまったな。

 

親も親なら子も子だわ。

 

擁護する連中はこれを見てまだ純愛とか訳の分からないコメントするのかな?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まだ出るのか…


小室の人生から虚偽、虚飾を取ったら何が残るのだろうか?


しかし、こんな経歴書の内容が漏れるのはなぜなのか?


小室親子にしたら満願成就が目の前にある、

 

なんなら別に就職活動も真面目にせんでも適当な所に在籍させてもらうだけで良いのだから虚偽の経歴など書かなくても…


とは思うのですが。


本当の話しだとすれば見栄っ張りにも程がある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

もう、そろそろ、いい加減に、この母子のサクセスストーリを終わりにさせて下さい。


皇室も巻き込んで、


国民の血税も巻き込んで、


もっともっと真っ当に、苦労して人間性の素晴らしい人は必ずいます。

 


アメリカの王子に関わる人、騙されず冷静に判断して下さい。


ホント、どこまでも残念な方。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

眞子は、正直誰でもよかったんじゃない?

 

皇室から出たかったとしか思えない。

 

小室家に嫁いでもすぐに離婚しそう。

 

皇室から出たかっただけの可能性が・・・。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

news.yahoo.co.jp