トモヒコTV(YouTube)のブログ

政治・経済・法律・芸能・事件・事故の時事ネタやってます!

三浦春馬さんの記事のヤフコメ(令和2年10月31日)#8

   f:id:tomohikosatou:20201101062301j:plain (三浦春馬さんのインスタより引用)

「時代を変えろ!」三浦春馬“五代友厚”と三浦翔平“坂本龍馬”が夢を語る「天外者」本予告編(ザテレビジョン) - Yahoo!ニュース

時代を変えろ!俺に付いてこい。

三浦春馬さんが五代友厚役、「天外者」予告映像公開(映画 予告 天外者/三浦春馬 三浦翔平 西川貴教 森永悠希 森川葵 筒井真理子 蓮佛美沙子 生瀬勝久) - YouTube

【Yahoo掲示板・ヤフコメ抜粋】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 亡くなられて、新しい作品を見れば見るほど、天性の才能が花開いて、どんどんと実力も深みもつけられて成長していたのが分かる。

キンキーブーツのローラ役も再演の際には進化されていたというブロードウェイチームの賞賛メッセージがあった。勉強も努力も天性の才能も、そして人柄も抜きん出ていた。

30代、40代、50代、、、と本当に楽しみにしていたのに。

             f:id:tomohikosatou:20201031220441j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 五代友厚は三浦春馬に重なる。

凄まじい能力と努力、正義を貫く人だと思う。

日本の未来を良くしたい、この様に発言する事は、今の日本、芸能界、メディアはなぜ疎ましく思うのでしょうか。

このままでは日本は日本で無くなります。

1人でも多くの人に気が付いてほしい。

春馬君の想いを感じに何度も観に行きたいです。

前売りも完売する人気です。

沢山の方に見て頂きたいので、上映館を是非増やしてほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 予告映像だけで圧倒されました。

演説シーンの迫力は撮影当時まだ20代の若者が演じているとは思えない。

本当に素晴らしい役者さん。

早く映画館で観たいです。もっともっと多くの作品を観たかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 春馬君は何色にも染まる俳優ですね。

29歳という年齢にも驚きます!

何度も予告編を見る度に、春馬君が生き生きとしていて、涙が溢れてきます。

本当に楽しみです。

日本男児、三浦春馬を観に行きます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「ツーリスト」の影があってどこか物憂げで一瞬間を置いて話し始める天久真(あめくまこと)が大好き。

心地よい音楽とともに三浦春馬さん、とても柔らかくしなやか。

今、どこを旅してます?

それとは、きっと真逆の顔をみせてくれますね。勇

ましく、力強く、まっすぐ。結局、どんな三浦春馬さんも大好き。

楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 予告映像を見て、さらに期待が高まりました。

勇しく正義感があり、優しさに満ち溢れた五代友厚の姿が春馬くんと重なり、涙が止まらなくなりました。

「夢」や「未来」という言葉。

こんなにも似合うのにね、春馬くんは。。

とても充実した撮影期間を過ごし、ベストを尽くしたと胸を張って言える作品…とも語られています。

その時の春馬くんの充実感も、感じ取れればいいなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 五代友厚は三浦春馬さんに重なります。

田中監督、この役に彼を選んで下さりありがとうございます。

映画を世に出して下さりありがとうございます。

春馬さんの最後の勇姿、見届けます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 彼のこれまでの作品にかける思い、書籍、発言から常に感じる事は、自身の事でなく皆に伝えたい、喜んで欲しい、日本の皆のために自分が出来る事はないか?

作品の大小に関係なくそういったものを一貫して感じます。

その為には、プライベートの時間もそれに費やすほどのどんな努力も厭わない姿勢。

そう考えると、彼は名誉や利益(お金)を欲する価値観では無かったんだなと強く感じる。

国民のためにとか言ってる政治家なんかより、よっぽど日本を愛し、その為に自らが出来ることを強い信念を持って実践しておられました。

だからどんな辛い状況にも周りへの優しさを持ち、常人では考えられない強さがあった。

これまで、これほどの人格者である俳優いただろうか?彼は生前もっと評価されるべきだった!

もう、大袈裟でもなんでも無く、彼は明らかに伍代友厚そのものです!!

日本の誇りです!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 昨日、五代友厚展に行ってきました。(今日までです)

すべてが一生懸命で、人のために尽力を注ぎ、曲がったことが嫌いだった五代さん、そべてが春馬君と重なって、監督さんが抜擢されたことが納得できました。

昨年の今頃撮影していたのかな、自分の代表作にしたいと言っていたそうなので、ドラマの収録や舞台練習等多忙な中、春馬君のことだから寝る間も惜しんで相当五代さんのこと、薩摩弁を勉強された思います。

舞台挨拶、映画宣伝、どんなことを話してくれたんだろうか、モヤモヤしたなかで今は悔しい、辛い。

はじめは涙涙で見れないと思うので何度でも見に行きたいと思っています。

昨日は前売り券のムビチケカードは発売になり、完売だったようで、全身全霊で挑んだ三浦春馬の作品を沢山の人に見てもらいたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 予告映像だけでも演者さん達の熱い思い、監督さんからのメッセージがビンビン伝わります。
必ず映画館でみます!

五代さんのセリフの『御家の利益だけ追求していては世界に並べん!』『夢のある未来が欲しい』は、春馬さんの心の叫びに思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 TOHOで上映と書かれていたが全館上映ではないようで、東京でもやってない館が多い。

これほどネットで話題になっているのに実際はこんなものなんですね。

春馬さんが亡くなる時点では配給会社も決まってなかったらしいし、それを考えてもアミューズという大きな事務所でありながら後押しが無かったんだと判ります。

おまけに今「新解釈・三國志」が同日公開だというのは、、、辛いものがあります。

私は天外者を応援したい。

みんなでネットで広めてロングランになってほしい。頑張ってほしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 五代友厚と三浦春馬、2人とももっと広く知られ、評価されるべきだと思います。本当の人格者、素晴らしい人。

春馬くんは、頭も良く、どんな難役も並々ならぬ努力でこなし、その上容姿端麗。

嫉妬されまくりで、脅威に感じて疎まれていたのでしょう。

才能ある人を称え、評価し、より伸ばそうとしてくれる環境でなかったこと、本当に残念です。
でも、春馬くんに限らず、世の中ってそういうものなのかもと気付きました。

結局は権力者に対しこびへつらい、言われるがままに動き、ご機嫌を取れる人が評価され、のし上がっていく。

芸能界は特にそうなんだろうなぁ。

メディアによく取り上げられる人、テレビに良く出ている人は人気があるんだと思い込んでいたけど、違うと気付いた。

うまく立ち回ってるだけの人たちに興味がなくなった。

春馬くん、気付かせてくれてありがとう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さすがミュージカルで鍛えただけあって三浦春馬くんは滑舌も良いし声量があるね。

民衆に呼び掛けて決起させるシーンでも、自分の意志を表すために力強く決意表明するシーンでも、よく通る声を響かせている。

それは撮影が始まる前、五代友厚という人物をかなり勉強し、春馬くんが【日本を変える男】として相応しい役作りをした証しだ。

春馬くんは、例え違う事務所だったとしても、必ず頭角を現し、その美しい歌声やダンスや演技で大勢のファンを魅了したと思うよ。

春馬くん自身が【天外者】だからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 五代友厚が作りたかった日本、、、複雑ですが春馬さんが日本に喝を入れてくれるような気がするから絶対観に行きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 五代友厚の世界を見据え、日本の未来を語る姿セリフに春馬さんが重なります。

表情も声色も立ち姿も、役によって全く違って本当に魅力的。

ドリパス上映リクエストで、『天外者』が
1位になってます。

昨日の前売りも完売の所が多く、嬉しい悲鳴ですね。

スクリーンで輝く春馬さんに会いに行きます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 時代を変えろ!は五代さんの言葉でもあり、三浦春馬自身の魂の叫びのように聞こえる。

彼の様な素晴らしい宝を失った日本の芸能界は、もう終わりですね。

せめて、亡くなった時系列くらい記者会見したらどうだろうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(終わり)